CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開255-11 | main | レッスン公開255-13 >>
レッスン公開255-12

イガーの今年の初戦、ファーマーズインシュランス最終日、タイガーはチャンスでもスコアが伸ばせないフラストレーションがたまるラウンドとなり、結局この日-2、通算-9は9位タイフィニッシュとなりました。

昨日単独首位の-12だったラームは、序盤にスコアを大きく崩し、アウトは+3で折り返し、しかし、後半にイーグル、バーディー、ボギー、バーディー、バーディー、バーディーの31で盛り返し、通算-14とするも首位に届かず2位

優勝したのは、この日、前半を-5、後半は-2で回ったリーシュマンが、通算-15で逆転優勝しました。リーシュマンは厳しいパーパットをことごとく決めての優勝でした。

そして、松山選手は、インスタートでバーディー3つが先行し、爆発してくれるかと思ったら、ボギーボギーと来て、しかし、6Hではイーグル、かと思えば次のホールはダボ、しかし次のホールはバーディーとするも最後のホールはボギーということで、結局この日はー1で通算-3は45位タイフィニッシュでした。

松山選手はラウンド後のインタビューで「最後もティーショット、セカンド、サードともに良かったけど、ボギーになったのはショートゲームがそれだけ良くないということで、来週は得意なコースだと思うので、調整してがんばりたい」というようなことを言ってました。

今回タイガーはドライバーがとても安定していたということですが、やはりスイングが良いとショットが安定するわけですね。ラウンド後のインタビューは、友人のKobe Bryantという元NBAレイカーズの選手の死について、炎のような選手だった、と語っていました。Kobe Bryantはこの日の午前10時前にロサンゼルス近郊でヘリコプターの墜落事故のために急死したということで、タイガーはラウンド直後にそのことを知ったばかりでした。因みにKobeとは神戸が名前の由来という事です。お父さんが好きだった神戸ステーキというお店の名前に由来しているそうです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、ゴルフレッスンには、どうしていろんなものがあるのか?何を選べばいいのか?なるほど!と納得の力作です。絶対読まないと何年も無駄な時間を損することになるでしょう!必読の総力特集です。メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

SFさんのダウンはアウトから入っていたので、リリースが早くなっていました。

上の図の位置でも、後方からの図でわかるようにグリップもヘッドもプレーンから浮き上がっているのわかります。

上の図は、オレンジラインでホーガンプレーンを記入したものです。ホーガンプレーンを基準にすると、丁度オンプレーンになっているので「理想的なヘッド軌道」という判断をしてしまうかもしれません。

トップの位置にホーガンプレーンを記入してみると、SFさんのトップは全く問題ないトップという判断になります。

同じく、ダウンの途中でもホーガンプレーンを元にすると、全く問題のないダウンで、何をどう修正したらよいのか、全くわかりません。

かといって、シャフトプレーンを基準にして、オンシャフトプレーンを目指すとすれば、クラブを寝かせてまくるスイングになるので、これも問題になる元です。そして、シャフトプレーンとホーガンプレーンの中間くらい、という判断をしたとしても、それがどこなのかを正確に目視することはできないので、結局、モヤ〜〜っとした話になるでしょう。

しかし、グラビティプレーンは一本ビシっと筋が通っているので、とってもわかりやすく、しかも、グリップ軌道やプリインパクトの正しい位置と現在の差もわかる魔法のような設計図になるので良いわけです。あとは信じるか信じないかという問題だけですが、明確でないものを信じ、明確なものを信じないという人がいるとすれば、それは、宗教ににたマインドコントロール状態にある人だけかな?ということになるかもしれません。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、ゴルフレッスンには、どうしていろんなものがあるのか?何を選べばいいのか?なるほど!と納得の力作です。絶対読まないと何年も無駄な時間を損することになるでしょう!必読の総力特集です。メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:00 | - | - |