CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開255-13 | main | レッスン公開255-15 >>
レッスン公開255-14

週の金曜は第五金曜なので、メルマガはお休みです。来月のメルマガは、どうしてゴルフレッスンにはいろいろなものがあるのか?何を信じれば良いのか?そういうことがとってもよくわかる特集です。

ある程度の上級者であれば、あるレッスンを見て、自分に必要か必要でないかということは、わかるかもしれませんが、初心者の皆さんの場合、全くわからないと思います。

例えば、私が卓球を習いたいとか、ボーリングを習いたいとか、テニスを習いたいとか、ボクシングを習いたいとか思ったとして、しかし、趣味なので基礎だけを教えてもらえばいいと思うでしょうから、基礎くらいならどこで誰に習っても同じだろうと考え、近くで教えてくれるところに行くでしょう。或は、YOUTUBEなどで人気のあるレッスンを見つけて、それを参考に練習するかもしれません。

普通、一般にはそういう人が多いと思います。なので、ゴルフを始めたい人は、既にやってる知人に教えてもらうのが最も多く、しかし、その知人に習ったところ、「スクールで習った方が良いよ」なんて言われてスクールに行く、或は、YOUTUBEで勉強する、なんていうこともあるでしょう。

そうやってスクールなり独学なりでゴルフを始めたところ、スライスがどうしても直らない、ということになって、スクールを変えたり、動画レッスンを探したりして、いろいろ試していると、いろんな方法があるらしいことがわかり、果たしてどうしていいのかわからなくなる。場合によっては、ある人が言ってたことと逆のことを言われたりする。混乱してしまって嫌になる。なんていうことも少なくないかもしれません。

ゴルフに関する限り、誰に習うかというのは、後に大きな差を生みます。実際のところ、私も大変な遠回りをした事実があるし、誰だって遠回りをしているものです。そして、ほとんどの人は、そのままでなんとかゴルフを続けていく状態で上達もなく、頭打ちで終わります。

果たして、ゴルフではどうしてそんなにいろんなことを言う人がいて、真逆のようなことが起こったりもするのか?そこんとこがわかれば、いろんなレッスンに惑わされることもなく、良いものを選択できることでしょう。選択眼が付くわけです。来月のメルマガは、そんな目の肥える内容ですので、人生でゴルフに使う時間やお金を無駄にしないためにも、是非、ご購読くださいね!

そして、今週のGOLFWebTVは、小日出さんのスイング変化、インパクト以降をご紹介します。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、ゴルフレッスンには、どうしていろんなものがあるのか?何を選べばいいのか?なるほど!と納得の力作です。絶対読まないと何年も無駄な時間を損することになるでしょう!必読の総力特集です。メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

SFさんのインパクトは手を止めることなく右手で押すタイプでした。

上の図はインパクト直後ですが、手を止めるタイプの人は、ここでヘッドが手を追い越して、右腕とシャフトが一直線になってくるのですが、SFさんの場合は左腕とクラブが一直線になっているので、手を止めていないと思われるわけです。

おそらく、フェースを真っ直ぐ出そうという意識が働いているのではないかと思われます。手を止めてしまうとフェースが返ってしまうので、それを避けているのでしょう。

しかし、このあたりが飛距離不足の原因だと思われます。方向性を保つために手に力を入れているので、スピードを落としているわけです。できればフェースは自然にスクエアになって、保つ必要のないインパクトが理想です。手に力を入れず、自然にスクエアになる。加速はタメのリリースで一気に加速、そういう状態のためには、手や腕の力を抜くことが重要です。

皆さんも試しに腕は完全脱力でスイングしてみましょう。とりあえず方向は無視してやってみましょう。右に飛ぶかもしれませんが、良く飛ぶはずです。いつもは方向のためにロスしているわけです。そして、それがわかったら、どうしたら力を使わずスクエアに戻せるのかを考えてみましょう。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、ゴルフレッスンには、どうしていろんなものがあるのか?何を選べばいいのか?なるほど!と納得の力作です。絶対読まないと何年も無駄な時間を損することになるでしょう!必読の総力特集です。メルマガは、過去分も購読可能になりました!まだまだ今からでも大丈夫です。是非、ご購読下さいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

 

| レッスン公開 | 09:47 | - | - |