CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開256-10 | main | レッスン公開256-12 >>
レッスン公開256-11

日今日は首都圏や大阪近隣でも不要不急の外出は避けるようにということでしたが、昨日の道路事情は多少は少なめか?という印象でしたが、ほとんど同じでした。今朝は、近所の業務スーパーへの道路が開店前から大行列でした。昨日の夕方は、いつもは満車のスシローが、少し空車が見える印象でした。この状況でもそういうお店に行く家族が結構多いのには驚きました。

そして、近所のスーパーに行くと、明らかに買いだめしようとしている人が少しいました。100円ショップに行くと、除菌ティッシュ系の商品は売り切れでしたが、トイレ除菌シートは沢山あって、トイレ除菌シートの水で流せないタイプのものと普通の除菌シートの違いは何か?香料くらいしか違いがないかも、とか思いましたが、沢山あることには驚きでした。日本人は(〇〇用)と分類されてるのが好きで、分類されているとそれにしか使えないと思ってしまう人が多いようです。

ゴルフレッスンも、スライスの直し方、とか、ダフる人はこれをやれ!とか、症状別のレッスンがありますが、本当は、正しいスイングをすれば、全ての症状が一気に解決するのが本当です。何かを強制的に直せば、別の問題が出るでしょう。強制的に直すことでの副作用が出るわけです。そうではなく、スイングを根本的に直せば、すべての問題は解決し、副作用もなし、というのが本当に正しい方法です。でも、それでは食いつかないから、何か特別な方法があるかのようにうたうわけですね。

先日ご紹介したトーダ酵素も、何かを直すというものではなく、体を浄化して自然治癒力や免疫力を高めるので、結果として炎症や喘息や癌が治る、ということです。当然、副作用がありません。それだけに特効薬のような急速な変化はないとは思いますが、何を選ぶかは人それぞれということでしょう。

急いては事を仕損じるということがあるので、すぐに良くしたいと思う気持ちはわかりますが、スイングの場合、やはり年単位で考えて方が良いでしょうと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

今月のメルマガは、ゴルフの上達を邪魔する要因特集です。そして、ダウンスイングの最重要ポイントのドリルもあります。しっかりマスターしてくださいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KVさんのダウンでは、右手首のキャスティングが顕著でした。

上の図はその次のコマですが、ここでは右前腕とシャフトがほぼ一直線くらいになっているのがわかります。また左手首の角度も開いていて、完全にタメがないというか、既にトウダウンしている形になっていると言えるでしょう。

後方から見た形としては、ヘッドの位置が首のあたりを通過していて、かなりスティープに入っていることがわかります。このような状態を見て、クラブを立ててアウトから入れてスライスになるのがアマチュアの典型で、クラブを寝かせてインサイドから入れると良い、そのためにはシャロイングが必要、みたいなまったく意味不明なというか、スイングへの知識不足としか言えない説明があるので注意してください。

上の図のダウンスイングでは、クラブが寝て外から入ってきているのであって、決して立って入っているのではありません。しかし、そういうことが理解できるまでには、何十年もかかるので、YouTubeで説明している若い人にそれを理解できる人はいないでしょう。また物理学云々を言う人もいますが、物理学で分かることというのは、非常に大雑把で、かつ限定された条件を満たす場合の話なので、グラビティプレーンはクラブの動きなので限定された条件を満たせますが、人間の体の条件は限定できないので、誰でもこうすれば良い、ということを言えるスイング法はありえません。

また、人間の感覚も人それぞれなので、客観的な事実として言えることでも、主観的な現実とは異なるということがあるので、物理学とか言われると納得せざるを得ない人が多いと思いますが、なによりもまずは、その理論の提唱者のスイングを見て、納得できるかどうか?納得できるのなら、取り組んでも良いでしょう。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

今月のメルマガは、ゴルフの上達を邪魔する要因特集です。そして、ダウンスイングの最重要ポイントのドリルもあります。しっかりマスターしてくださいね!

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 10:25 | - | - |