CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開256-37 | main | レッスン公開256-39 >>
レッスン公開256-38

日は東京で47人もの感染者が確認されました。土日なのにとても多くなりましたが、これは、新宿のホストクラブの協力で全員の検査をしたからだということでしたが、問題は、その人たちに感染させた人達が、無症状で街中を動き回ってうつしまくっているかもしれない、ということでしょう。

東京のホストクラブでこういうことがあると、大阪でも影響を受け、折角営業を再開しても、閑古鳥が鳴くお店が増えていて、しかも保証はなにもなし、ということになっていそうで大変だろうと思います。

ホストクラブに通う客というのは、同じく接客業の若い女性が多いでしょうから、そういう女性が働くお店にもいくべきでないと誰もが考え、そういうお店も閑古鳥が鳴き続けそうです。

昨日のその他の地域は、大阪が1人、北海道は7人、埼玉2人、福岡3人、山梨1人などでした。

一方、世界では、アメリカで201万人に迫る勢いだし、ブラジルは加速度的に増えているし、中国でも50人の感染者が出たということで、きっと、多分、来年のオリンピックはかなり厳しい雰囲気です。年内にワクチンが完成し、世界に配布されない限り、東京五輪は幻と消えそうです。幻の東京五輪と言えば、1940年の大会ですが、この時は、24年後に東京大会が開催されました。同じペースだと、2044年とかになるのかもしれません。2025年は大阪万博ですが、流石にこの頃までにはワクチンも出来、実行できるでしょう。

どうも大阪は、今回の問題もなんとかなりそうだし、万博も大丈夫だしということで、いい感じなのに比べ、東京は大変な状況になっていきそうです。なので、東京の皆さまはお早めに関西に移住しましょう!今時、大阪に住んでいても、テレワークでなんとかなることも分かってきたので、今後は、東京を離れる人が増えるかもしれないですね。

アメリカ男子のチャールズシュワブチャレンジ最終日は、先に-15で上がったダニエル・バーガーとコリン・モリカワによるプレーオフへともつれ込み、1ホール目でモリカワが短いパーパットをリップアウトし、バーガーが優勝しました。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

KVさんのインパクトは、下半身リードがあり、手で合わせる感が減り、少しボウドインパクトに近づいていました。

上の図はインパクト直後ですが、グリップがヘッドよりも目標に近く、いわゆるハンドファーストに打てています。

レッスン前は、左肘が曲がり、右腕が伸び、右手で押しこむようにして打っていました。後方からの図では、右サイドが前に飛び出していたことがわかります。レッスン後は、あまり飛び出さなくなっています。

良いインパクトのことを、一般にハンドファーストのインパクトという言い方をします。そして、多くの人がレッスン前のKVさんのように、手首が曲がったり、左肘が曲がったり、頭が伸びあがったインパクトをしています。

前回ご紹介したアメリカのレッスンプロでさえ、ハンドファーストとは言っても、やりすぎになっていて、しかも、頭が伸びあがるという醜態をさらしていました。

あの事例からも、ハンドファーストに打てていたら良い、ということは全く言えないことがわかると思います。なので、ボウドインパクトという言葉を作って違いを明確にしたわけです。しかし、一般のレッスンプロには、そういう認識がないというか、正しくできていない人がほとんどなので区別しようがないわけです。

でもそこは、スイングの根幹に関わる重要な差なので、その差がしっかりと理解できた人は、きっとインパクトも別物になるでしょう。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 12:14 | - | - |