CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< 今日はメルマガ配信日です | main | 偽物インパクト2 >>
レッスン公開257-2

メリカ男子、トラベラーズ二日目、首位はミケルソンがー13で単独首位、2位タイにはゴードンとヒュージズが-12、マキロイは-9で4位タイ、デシャンブーは-8などでした。

日本の女子のアースモンダミン二日目、首位は田中瑞希選手が-9、2位タイはー6の鈴木、イチヒ、渡邊彩香らです。注目の渋野選手はなんと予選落ち、渋野選手は「このオフにやってきたことが全て意味のないことだったのかなと思うくらいの内容でした。 アプローチでチップインもあったけど、アプローチでボギーを打ったし、ティーショットもその他のショットもなかなかピンに絡むことがない、フェアウェイキープもよくない、全体にダメダメでした。」と振り返りました。

ゴルフというのは、やったことが必ずすぐに報われる、ということが少なく、場合によっては何か月とか、何年かして成果がでる。なんていうこともあるものです。渋野選手の場合、短期間でスイングを変えて、結果を出したという事があるので、この休みにやった練習の成果がすぐにでるはずだと思うのかもしれないですが、スイングを大胆に変えたということはないでしょうから、驚くような進化は難しいのかもしれません。

しかし、スターなので、今後の試合でまた活躍して、ファンを楽しませてくれることでしょう。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

HIさんのセットアップは、問題のない良い形でした。

上の図はテイクバックですが、グリップの位置を見ると、セットアップに比べてボール側に飛び出しているのがわかります。

また、フェースの向きはちょっとシャットが強いようです。

レッスンでは、グリップを振り上げず、フェースはこの時点では、特になにもしない、ということをやっているのですが、実際にはグリップが浮き上がり、フェースは少しシャットになるという形になっていました。

HIさんの場合、毎週1回くらいのペースでラウンドしているので、レッスンではできてもラウンドすると戻ってしまう、ということを繰り返していました。

思い切ってラウンドをやめ、練習もやめる、ということをやってみると、スイングを変えやすいのですが、ラウンドして変えるというのは簡単ではありません。

なので、多くのプロは、あまりスイングを変えることができず、現状打破が難しいということがあります。しかし、タイガーは試合に出ながらでもスイングを変えて成功したし、渋野選手も短期間で大胆にスイングを変えて成功しました。

二人はかなり大胆にスイングを変えることができるタイプで、むしろ、大胆に変える方がスイングは変えやすいのかもしれません。なので、皆さんも、これじゃぁ打てる気がしない、という程度は変えないと、スイングはほとんど変わらない、くらいの気持ちで取り組んでみましょう。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:32 | - | - |