CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

<< レッスン公開257-11 | main | レッスン公開257-13 >>
レッスン公開257-12

週のメルマガは・・・

  1. 1.開眼2
  2. クラブの動き編58 
  3. 体の動き編58
  4. 実践ドリル
  5. お手本スイング

最初の開眼2では、開眼とはどういうことか?ということを英語の場合を例に説明しました。そして、ゴルフの場合はどうなるのか?というお話。

2のクラブの動き編では、クラブヘッドの重心位置の違いから起こる物理的な事実を元に、驚くべきゴルフクラブの真実を説明しました。

3の体の動き編では、ダウンスイングにおける腕や手の動きについて、ものすごく間違いが多い部分の正解を書きました。

実践ドリルでは、セットアップの復習です。簡単で単純そうでいて、なかなか正しくできている人がいません。しかし、何度も繰り返すことで、誰でも正しいフォームができるようになります。

そして、最後のお手本スイングではドライバーのバックスイングの後半を説明しました。

というわけで、今週も学びきれないほどの量ですが、頑張って読んで少しずつ吸収していってくださいね。まだ、ご購読頂いていないみなさんも、是非、ご購読くださいね。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

HIさんのプリインパクトでは、修正すべき点があるのですが、どうやったら正しくて、どうするのは間違いなのか?考えて頂けたでしょうか?

上の図では、HIさんのプリインパクトが赤いプレーンに対してグリップもシャフトも浮き上がっているのがわかると思います。

間違った修正法では、クラブを寝かしてオンプレーンに振る方法で、オレンジのラインにようにクラブを寝かせることでオンプレーンにはできるのですが、これではグリップが浮いているので安定しません。

正しい方法は、グリップもクラブも平行に青い矢印の方向に動かしてオンプレーンにすることです。つまり、クラブヘッドとグリップの関係自体は間違っていないので、そこは崩さずに修正することが重要です。

そのためには、正面からの図の青い線のような肩の角度と腕のポジションが必要です。現在の緑のポジションは、肩が開いて左肩が上がってしまっているのです。そして、頭の突っ込みも止める必要があります。

とりあえず打つだけなら、間違った修正でもなんとかなるでしょう。しかし、それでは右手で抑え込むなど、更に強制的な力が必要となり、安定できないので、簡単に直せても大きな問題を生むことになるわけです。

くれぐれも安易な方法に流されないように注意して、練習してくださいね。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

是非メルマガをご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| レッスン公開 | 09:51 | - | - |