CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開250-13

メリカ男子、2019-20年度開幕戦、ミリタリートリビュートグリーンブライヤー最終日、勝ったのは昨日まで首位だったニーマンが最終日も64で回り、通算-21でブッチギリ優勝、二位は-15のホージ、シェフラーは-13で7位タイでした。この試合には、ザック・ジョンソン、デシャンボーらが出場していましたが、予選落ちでした。

日本の男子、ANAオープン最終日、試合は首位の-16に5人が並ぶ混戦模様で終了し、プレーオフの結果、浅地選手が優勝しました。石川選手はこの日-5で捲りましたが届かず、-14で6位タイでした。

女子の日本女子プロゴルフ選手権最終日、試合は14Hをボギーとした畑岡選手が4Hを残してシャンシャンと4打差となり、解説では、「わからなくなってきました」と言ってましたが、「いやいやいや、新人選手ならともかく、現状日本一で世界トップ10の選手と4Hで4打差だと、いくらシャンシャンが世界一だったと言っても勝負ありでしょ」と誰もが突っ込みをいれたであろうその直後、畑岡選手は300yのホールのセカンドをチップインイーグル、ダメ押しでシャンシャンの戦意も喪失させたであろうドラマが起こりました。

一方のシャンシャンはそのホールダボ、ということで、1Hで大逆噴射となってしまいました。結局、終わってみれば2位とは8打差という大差での国内メジャー勝利となりました。世界ランカーの格の違いを他の選手に見せつける結果となったようです。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日、トホホホ〜の4668人、女子は昨日、ウヒョヒョヒョ〜〜、ヒャッホ〜の13278人、いっちょかみ関西人の心をしっかりつかんで大ギャラリーが詰めかけ、男子のトリプルスコアに近いほどの大差となりました。

ちなみに、最近兵庫県で行われた女子プロ選手権は、2014年の大会ですが、この時は鈴木選手が優勝、最終日のギャラリー数は7251人でした。このことからも、今回の数字はシブコ効果であることは明白ですね。

こういうことからも、もし男子がメジャーで勝ったあかつきには、どれほどのことが起こるのか?いつかそんな日が来ことに期待ですね。また、渋野選手の凱旋パレードの予定があるのかないのか知りませんが、十分にその価値がある結果なので、できればそういうことをしてほしいですね。そういうことがゴルフの活性化にもつながるので、女子プロ協会の方には、パレード実現に向けて動いてほしいところです。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今月のメルマガは、レイトヒットに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 11:30 | - | - |
レッスン公開250-12

メリカ男子、ミリタリートリビュートグリーンブライヤー三日目、昨日首位だったシェフラーは+1のラウンドでー12、5位タイです。首位は-15のニーマン、二位タイは-13に3名です。

日本の男子、ANAオープンは、カーミスと時松選手が-14で首位タイ、石川選手はー9で11位タイ、なんとか逆転可能圏内です。今日爆発すれば、優勝もあるでしょう。

女子の日本女子プロゴルフ選手権は、首位が畑岡選手でー13、二位は吉本選手がー11、-10にはシャンシャン、インビは-5、渋野選手は+1で40位タイということで、インタビューでは「明日がんばって有終の美を飾りたい」ということでした。

畑岡選手ってとても強いですが、顔がなんとなく中村寅吉風?或はジョニー大倉風?非常に根性があって、がっつり稼ぐタイプの顔ですよね?今日はしっかり優勝するのだろうと思われます。

男女のギャラリー数バトルは、男子が昨日、4940人、女子は今期初めての1万人越えで10582人でした。ま〜やはり、「とりあえず見とこか」という関西人ならではの数字と言えるかもしれません。ちなみに去年は富山でしたが最終日は雨で7999人でした。果たして今日も1万人を超えるでしょうか?暑さも和らいで観戦日和と言える気候なので、大ギャラリーが予想されます。残念なのは、渋野選手が優勝争いに絡んでいないことがありますが、とりあえず一目見ておきたいだけの人が多いと思うので、1万人越えになる可能性は高いでしょう。ただ、「一目見たらもうええわ〜」とか「渋野見たで〜」と言いたい人が多い気がします。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今月のメルマガは、自然にコックされるバックスイングに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:27 | - | - |
レッスン公開250-11

メリカ男子、2019-20シーズン開幕戦、ミリタリートリビュートグリーンブライヤー二日目、首位に立ったのはー13に3名、スコッティーシャフラー、ニーマン、ロビー・シェルトンらです。シャフラーは、このブログでも何度か書きましたが、数年前のジュニアランキングで長期間1位だった選手です。出てくるだろうと書いていましたが、やはり出てきましたね。

日本の男子、ANAオープンは、石川選手が-8でラウンドし、一気に上位進出しました。首位はー11の時松選手、二位はー9のハン・リーです。女子の日本女子プロゴルフ選手権大会二日目は、首位が畑岡選手の-8、二位は三ヶ島選手が-7と言った中、インビは-4、渋野選手は+3でのラウンドは通算+1で42位タイでの折り返しです。宅島選手は+6で予選落ちでしたが、かなり頑張ったと思います。

主な選手で予選落ちしたのは、申ジエ、アルム、テレサ・ルー、横峯、菊池、比嘉、勝、新垣、松森、成田選手らです。

男女のギャラリー数バトルは、男子が初日、2914人、昨日が3953人、女子は初日が6231人、昨日が5628人ということで、かなりの大差で女子に軍配でした。渋野選手は一般メディア情報でもよくトピックされているので、しばらく男子に勝ち目はなさそうですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

今月のメルマガは、自然にコックされるバックスイングに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:52 | - | - |
本日はメルマガの配送日です。

本の男子、ANAオープン初日、首位はー6に4名、出水田、時松、今平、星野陸也選手らです。石川選手は0で42位タイ発進でした。女子の日本女子プロゴルフ選手権初日は、首位が-4のインビと高橋彩華選手、畑岡選手は-3、渋野選手は-2で11位タイ、宅島選手は+4で88位タイでした。

今月のメルマガは、自然にコックされるバックスイングに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| その他 | 13:23 | - | - |
レッスン公開250-10

週のトーナメントは、日本の男子がANAオープン、石川選手は27歳最後の試合、ということです。石川選手がアマチュアでツアー優勝したのが15歳のことですから、あれからもう12年以上が過ぎたわけです。そして、石川選手ももうすぐ28歳、ということは、もうすぐ30歳、いや〜早いですね。タイガーも今年は44歳になります。早いですね。

今週の女子は、日本女子プロゴルフ選手権、メジャーです。アメリカ組の畑岡選手も出場します。パクインビも出場します。そして、宅島選手も予選を勝ち抜いて出場しています。なんとか予選を通過してほしいですが、通過できればかなり凄いと思います。宅島選手はBS日テレのゴルフサバイバルという番組の6月大会で見事優勝し、勢いに乗っている状態で日本女子プロの予選も通過しました。なので、かなり調子は良いようです。しかし、それでも予選通過はかなり厳しいだろうと思われます。

ゴルフサバイバルという番組は、女子プロ10名が出場し、9Hを戦い、1Hごとに一人が脱落する、というゲームです。多くの選手は若手のプロか、プロを目指している選手で、宅島プロは6月の試合に出場し、実績と年齢が1番上の選手として、後輩たちをやさしく見守りつつ、戦っているイメージでした。年末にはチャンピオン大会があると思われるので、また特番で出場してくれると思います。

そんな宅島プロですが、果たして、メジャーではどこまで頑張れるでしょうか、そして、渋野、畑岡、インビといった優勝候補選手の戦いや如何に!というところですね。でもって男女のギャラリー数バトルはどうなるのか?とても楽しみに思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

今月のメルマガは、自然にコックされるバックスイングに必要不可欠なグリップの重要ポイントです。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:44 | comments(0) | - |
<< | 2/358PAGES | >>