CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

レッスン公開243-16

メリカ男子、OHLクラシックアットマヤコバ二日目、首位はパトリック・ロジャースの-11、二位はファウラーとキザイアが-10です。アメリカ女子のブルーベイ三日目は、首位がシャンシャンで-7、二位はモリヤ・ジュタニュガンの-6、上原選手は0で13位タイ、野村選手は+6で29位タイです。

日本男子の三井住友VISA太平洋マスターズ二日目は、首位がイムソンジェとイムハンの-11、3位タイが小平選手と時松選手の-9です。女子の伊藤園レディース初日は、首位が佐伯選手と福田真未選手の-7、3位はフィービーヤオの-5、四位タイの-4には5名でした。昨日のギャラリー数バトルは男子が2604人、女子が3018人で女子に軍配でした。

女子の試合もこの試合を除けば残り2試合、上位しか出られない最終戦を除くとあと1試合です。佐伯選手の賞金ランクは現在61位なので、この試合での首位発進は、かなり気合いの入る結果だったと思います。流石にこのレベルの選手は土壇場でも底力で賞金シードになるのか?佐伯選手は2013年以来勝っていないので、このままだとQTに行かなければなるのかもしれませんが、果たして姉御パワー炸裂で周囲の選手に睨みを利かせて一気に上昇できるでしょうか?ところで佐伯選手のLPGAのプロプ写真では、とってもナチュラルで姉御イメージが感じられない写真が掲載されています。もしかして、本人は何か気にしているのか?とか思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

本日もまたまたご覧下さいましてありがとうございます。毎度毎度お手数ですが、本日もクリックのご協力をお願い致します。いつもありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:01 | - | - |
レッスン公開243-15

週のトーナメントは、アメリカ男子がOHLクラシックアットマヤコバ、女子は中国でのブルーベイLPGA、日本の男子は三井住友VISAマスターズ、女子が伊藤園レディースゴルフトーナメントです。

アメリカ男子は日本人選手の出場はなしで、女子は昨日から始まっており、初日の首位はヨサンヨンが-7で単独首位、野村選手と上原選手は共に−1で23位タイ発進でした。

男子の三井住友では、昨日プロアマが行われたそうで、試合後にはチャリティーイベントもあったそうです。参加しているタレントさんは、全員ギャラをもらって出場しているようで、JGTOのホームページには、このプロアマでは小平夫婦の共働きが恒例行事になっている、と書かれていました。

日本では、例えば24時間テレビとか、タレントさんは全員ギャラをもらっていて、中にはギャラをチャリティーに寄付する常識的なタレントさんもいるそうですが、司会のジャニタレとかのギャラは1日で1000万円とも言われています。そんな番組での今年の募金総額は7億弱だったようで、これは過去30年で最低でした。アメリカでは、こういうチャリティー番組では、タレントのギャラは0か、全員全額チャリティーに回すのが当たり前だそうで、ま〜〜タレントさんは1晩で1000万も稼ぐ一方で、なけなしの貯金箱を割ってチャリティーに寄付する小学生もいるでしょうに、そういう小学生を見て1000万稼ぐタレントさんは、どう思うのでしょうか?心苦しくならないものなんでしょうか?

まあ、今回のチャリティプロアマに参加しているタレントさんを見ても、ギャラとの関係での人選としか思えないわけで、しかし、こういうものには、ノーギャラでも出場してくれるタレントさんが、日本にはいないのでしょうね、できれば全員ノーギャラで、それでも出場してくれるタレントさん、もちろんプロもノーギャラで参加してもらい、本物のチャリティーをやってほしい(しないよりはどんな形でもした方がいいとは思いますが)と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

本日もお忙しい中ご覧下さいましてありがとうございます!毎度お手数をおかけして申し訳ありませんが、本日もクリックのご協力をお願い致します。いつもありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:27 | - | - |
レッスン公開243-14

週のGWTVは、大地プロのスイングを頭上から観察し分析する、という新企画があります。その他には、アプローチレッスンとして、ランニングアプローチについて、大地プロと宅島プロの説明があります。

頭上からの映像は、例えばテレビ中継やレッスン書などでもたまにあるかもしれません。しかし、そういうものの多くは、例えばテレビ画面でいえば、顔が下を向いている状態、つまり、ボールが下側で体が上側にある形で頭上から映している映像が多いものです。しかし、その向きだと映っている人の感覚が伝わってきません。

そうではなく、ボールが上にある形での頭上からの映像であれば、映っている人の感覚がとてもわかりやすいものです。映像を見ることで「ああ、こんな感じで構えているのか」とか「これくらいの肩の角度やボールとの位置関係感覚で構えているのか」ということがわかりやすいと思います。

また、頭上からの映像なら、肩の向きなども正確にわかるので、自分ではスクエアに構えているつまりが、実はクローズだったり、逆だったり、という感覚と現実の違いというのも、前や横から撮影したのではわからないことがとてもよくわかります。

そして、ボールと肩との関係や、体の動きについてなども、頭上からならではの説明ができるので、わかりやすいと思います。(今回はセットアップだけです)そして、実際にこの頭上からの撮影で、大地プロと宅島プロの体の動きの違いがとてもよくわかり、宅島プロも自分の問題点が改めて理解でき、スイング改造への意識も変化したように感じました。

皆さんが頭上からの映像を撮影することは難しいと思いますので、ご希望の方は、是非グロスにお越し下さい、その際には、頭上からのスイングが見たい、と言ってもらえれば、頭上からの映像でスイングを分析させて頂きます。また、その映像をDVDに録画してお持ち帰り頂くことも可能です。(DVDは別料金です)

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

本日もご覧下さいましてありがとうございます。毎日で恐縮ですが、本日もクリックのご協力をお願い致します。いつもありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:15 | - | - |
レッスン公開243-13

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で7試合、シュライナーズ(30)トルコオープン(40)平和PGM(16)ヨーロピアンチャレンジの試合(17)パナソニックオープンインディア(14)などでした。今週の世界トップ10は・・・

ということで、ほとんど動きはありませんでした。今週の日本トップ10は・・・

ということで、池田選手が36位に上昇しましたが、その他はあまり動きませんでした。小平選手は現在62位、残り数試合で一度は優勝がほしいところでしょう。今週の女子は・・・

1 Sung Hyun Park +1
2 So Yeon Ryu -1
3 Shanshan Feng +1
4 Lexi Thompson -1
5 Anna Nordqvist +1
6 In Gee Chun -1
7 I.K. Kim
8 Lydia Ko
9 Ariya Jutanugarn
10 Cristie Kerr

というわけで、パク・サンヒョンが世界一になり、シャンシャンは3位に上昇しました。日本勢では、野村選手が27位に上昇、鈴木選手は34位に10ポイント上昇、畑岡選手も46位に2ポイント上昇、川岸選手は48位に2ポイント下降していました。因みに引退表明をした宮里選手の名前はランキングに見当たりませんでした。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

本日もご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですが、本日もクリックのご協力をお願い致します。いつもありがとうございます!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:18 | - | - |
レッスン公開243-12

メリカ男子、シュライナーズホスピタルズ最終日、午前8時現在、首位はパトリック・キャントレーが-11(16)二位がキム・フィーが-10(16)です。しかし、たった今、キャントレーが17Hでボギーとし-10になりました。

日本の男子、HEIWA PGmチャンピオンシップ最終日、勝ったのは韓国のCキムでスコアは-6、二位は池田選手とソンヨンハンが-5でした。最終日のギャラリー数は3067人、大会四日間で8600人くらいという、とってもさびちぃ〜さびちぃ〜お客さんでした。

日米女子のTOTOジャパンクラシックは、シャンシャンが大会連覇、スコアは-19、二位は鈴木選手が-17、畑岡選手は−7で33位タイでした。結果、畑岡選手のアメリカでの賞金ランクは140位ということで、日本では数試合でトップ10に入りそうな勢いですが、アメリカ挑戦は失敗に終わった一年でした。最終日もギャラリー数は4192人でした。

日本では抜きん出た活躍を見せた畑岡選手ですが、アメリカでは戦えなかったことは、本人にとってかなりのショックであり、挫折を感じたかもしれません。それは藍元選手にしてもそうだったし、石川選手にしてもそうでした。というか石川選手は現在もそうです。だから、とりあえず畑岡選手としては藍元選手に相談する、というのはどうでしょうか?やはり、経験者に聞くのが一番説得力があるし、良い意見が聞けるだろうと思います。畑岡選手くらいになると、どうしてもまわりからいろいろ言われると思います。あれが足りないこれが足りない、あそこがダメここがダメ、こうしたらいい、ああしたらいい・・・ま〜年齢が年齢だけにいろんなことを言われるでしょう。しかし、そういう声が藍元選手のような経験のない人の意見であったのあら、それらは全て無視して、経験者の意見を第一にした方がいいんじゃないか?と感じます。藍元選手にしても、そういうことに協力することを惜しむような人ではないと思うので、ま〜伝はあるでしょうから、一度相談して今後の対策にしてはどうかな〜と思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

本日も連休明けでお疲れのところ、ご覧下さいましてありがとうございます。毎度お手数ですが、本日もクリックのご協力をお願い致します。いつもありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 08:18 | - | - |
レッスン公開243-11

メリカ男子、シュライナーズホスピタルズフォーチルドレンオープン三日目、首位はビューホスラーとスパウンの-9、デシャンブーは−3で10位タイです。

日本の男子、HEIWA PGM三日目は、ソンヨンハンが-7で単独首位、1位は-4のCキム、3位タイにはパクサンヒョンとSハンの二人ということで、韓国勢が上位を独占しています。池田、小平選手は-1で6位タイです。

そして、日米女子のTOTOジャパンクラシックは、ディフェンディングチャンピオンのシャンシャンが-15で単独首位、二位は-13の鈴木選手、畑岡選手は−7で15位に下降しました。これで逆転優勝は消え、アメリカで戦うのならQTからのチャレンジになるのかもしれません。

男女のギャラリー数バトルは、男子が2002人、女子が4263人ということで、ま〜どっちも多くはないですが、男子は風前の灯状態的な数字と言えるでしょう。三連休の二日目なのに異常に少ないと感じられます。やはり沖縄でも、人気ないさー、ということみたいですね。しかし酷いですよね。こんな状態でもスケジュール改革をせず、来年もまたゴルフニッポンシリーズで終了というパターンにするつもりでしょうか?そして、ホームページも改善しないつもりでしょうか?だとしたら、不思議な団体ですね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみください・・・

本日も連休の最終日でお疲れの中、ご覧下さいましてありがとうございます。毎日お手数ですが、本日もクリックのご協力をお願い致します!いつもありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 09:08 | - | - |
レッスン公開243-10

メリカ男子、シュライナーズホスピタルズフォーチルドレンオープン二日目は、日没サスペンデッドになりましたが暫定首位はJJスパウンの-11、デシャンブーは−3で13位タイです。

日本の男子、沖縄で開催されているHEIWA PGMチャンピオンシップ二日目は、首位がパクサンヒョンの-8、2位は-7の手嶋選手です。石川選手は今回も予選落ち、ティーショットが乱れてOBが出ているそうです。カシオではホストプロとしての活躍が期待されます。マスターズを狙って頑張っている小平選手は-2で16位タイでした。果たして、あと数試合で世界ランク50位以内に入り、マスターズの切符を手にしてみぽりんニッコリとなるでしょうか?その後もチャンスはありますが、年内に確定させたいところでしょう。昨日のパラリー数は2273人、休日なのに寂しい人出でした。

でもって日米女子のTOTOでは、首位が-6に7人という混戦模様で、畑岡選手、鈴木選手も首位グループです。畑岡選手としては、この試合で勝ってアメリカでの二年シードが喉から手が出るほどにほしいところでしょう。果たして、どうなるのか?見所の一つです。この試合には、以前はこの試合に絶対にでなかったペターソンが出場しています。もしかして、ペターソンって日本が嫌いだったのではなく、ミズノが嫌いか、ミズノの試合には出られない事情があったのか?と思われます。

昨日のギャラリー数は5607人ということで、男子の二倍以上、まずまずの人出でした。それでは今日も、レッスン公開をお楽しみ下さい・・・

本日も、連休でなにかと忙しい中、ご覧下さいましてありがとうございます!毎度お手数ですが、本日もクリックのご協力をお願い致します。いつもありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:27 | - | - |
レッスン公開243-9

週のトーナメントは、アメリカ男子がシュライナーズホスピタルフォーチルドレンズオープン、松山選手は出場しません。日米女子はTOTOジャパンクラシック、日本の男子がHEIWA PGMチャンピオンシップ、石川選手が出場します。岩田選手も出場します。岩田選手は今年から日本で戦い、現在の賞金ランクは51位、シードは間違いない位置です。以前ほどの結果は出ていませんが、日本ならシードは楽勝レベルのようです。

石川選手は、今年日本で3試合戦っていますが、全て予選落ちという、かつて見たことのないような結果になっています。果たして、石川選手は下手になったのでしょうか?スイングを詳しくは見ていませんが、ジュニア時代に比べて「軸」という意味ではブレが減って改善しているのではないかと思います。以前は体を揺さぶって飛ばしていた印象ですが、揺さぶりは減ったように思います。なのに精度が明らかに劣化しているのはなぜか?

私が思うには、それは集中力の差ではないかと考えます。ジュニア時代って、およそ25歳以上になると消えてしまう独特の集中力というのがある人がいます。タイガーしかり、上田選手しかり、多くのジュニア天才型の選手は25歳くらいまでに驚異的な結果を出しますが、25歳を超えると急速に勢いを失うようです。

そういう集中力のある時代というのは、スイングは未完成であっても、集中力がそれを遥かに凌駕するようで、そういう時期というのは無敵になります。似たような現象は誰にでもあって、例えば言葉を覚えられる時期だと、驚異的な集中力で、一時期に多くの言葉を記憶することができますが、そういう集中力はその時期にしかなく、無意識に発揮できる力です。そんな無意識に発揮できる独特の集中力で驚異的なことをやるキッズが様々な分野にいて、スーパーキッズだともてはやされ、神童だの天才だのと騒がれますが、時期をすぎればただの人、という人も世の中に数え切れないほどいます。これを読んでいる人にも、昔は神童だとか天才だと言われた人も少なくないと思います。もちろん、その勢いから本物になる人もいますが、多くの人は、凡人に戻って平凡に生きていくものでしょう。

石川選手の活躍も、そういう不思議な集中力による結果である部分が強く、それをそれで終わらせないためにスイング改造し、努力もしているわけで、現状はまだその結果が出ていない、という途中経過ではないでしょうか?そのうちやっていることが実り、結果となって出てくる日が来るでしょう。それはジュニア時代の不思議な集中力の結果ではないので、本物の強さを持った選手ということになり、そうなればメジャー制覇も夢ではない、ということになってくれるといいですよね。

それでは今日も、レッスン公開をお楽しみ下さい・・・

本日も久々に良い天気で気持ち良い中、ご覧下さいまして誠にありがとうございます。いつもお手数かけて恐縮ですが、クリックのご協力をお願い致します!いつも本当にありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 13:03 | - | - |
レッスン公開243-8

週のGOLFWebTVは、インテンショナル編の第二弾、インテンショナルフェードの打ち方です。今回は宅島プロの場合です。宅島プロは、ドライバーがドロー系になってしまう、つまり、下から入りやすいのですが、インテンショナルフェードを打つつもりでスイングすると、スイング軌道はどうなるのか?というのを検証しました。

すると、通常のスイングではグラビティプレーンの下からややまくるようにして入っていたヘッド軌道が、ほぼオンプレーンにスイングできることがわかりました。ただ、フォローでの抜けがややインサイドに抜けるので、現実にカット軌道になって確かにフェードになるのですが、軌道としてはこちらの軌道の方が安定しやすいので、フェードにするかストレートにするのなら抜けを調整すればいい、ということになります。

抜けがインサイドに抜ける問題は、腰の回転タイミングが早すぎることにあるので、もうあと1センチくらい腰のスライドがあれば、抜けの軌道はややアウトに修正され、インサイドインのスイングになるだろうと考えられました。

スイングというのは、どうしても感覚と現実のギャップというのがあります。感覚的にはインサイドアウトなのに現実にはアウトサイドインとかその逆とか・・・だから、練習というのは感覚と現実のギャップを埋める作業でもあるかもしれません。思った通り振って思った結果が出れば、練習は必要なくなるでしょう。そうはいかないから練習が必要なわけです。

そして、それはプロでも起こることであり、例えば石川選手のような才能がA級のトッププロでも調整が難しくなってしまうことがあるわけだし、タイガーのような超人的な人でさえ、アプローチショットのような小さなスイングでさえ思った通り振れなくなってしまうことが起こるわけですから、ゴルフというのはどれほどに難しいかが理解してもらえると思います。

だから、痩せるくらいなら短期間で出来るでしょうが、ゴルフの上達は、短期間に必要なことを学ぶことは可能ですが、習得には数年単位の時間がかかるものと考えてもらったほうが良いと思います。

何かの技術を専門的にやっている人なら、誰にでもわかると思います。例えば二ヶ月くらいでその技術のどれほどのことが習得できるか?間違った技術を習ってしまったら、その修正にどれほどの時間がかかるか、一度筋肉が覚えた動きの修正にどれほど苦労するか・・・痩せるような単純なことと技術の習得とは全く違うし、安易に手を出して間違いを習ってしまっただけで、本来なら到達できる最終目的地に到達できなくなってしまうかもしれないほど危険であることは間違いないでしょう。

だから、このブログでも一回のレッスンで劇的に変化した例は、これまで数え切れないほど紹介していますが、決して、それでスイングが習得できたということではないし、大事なのはその後の練習で習得していただくことであって、それにはかなりの努力や苦労や苦悩や苦痛さえあるかもしれない、ということは何度も書いている通りです。

実際にスイングが変わるときというのは、頑張ってやり続けて、それでも出来なくて、もう無理だとギブアップするくらいになった時、初めて習得できるようなことも少なくないと感じますので、そういうものだと思って頑張ってほしいと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

本日も月初で忙しい中、ご覧下さいまして誠にありがとうございます。また今日もお手数かけますが、クリックのご協力をお願い致します!いつも本当にありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:28 | - | - |
レッスン公開243-7

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で12試合、HSBC(64)マイナビABC(16)サンダーセンファーム(24)インドネシアオープン(14)ラスアルカイマーチャレンジ(13)などでした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、ローズとケプカがドドーンとトップ10に乱入し、デイとガルシアがプリプリっとトップ10外に押し出される結果となりました。デイも一時は破竹の勢いできたが、花火型で終わるのかもしれません。松山選手は4位を死守していますが、5位のラームとの差も1ポイントを切り、そろそろエンジンをかけないといけないかもしれません。一方の日本のトップ10は・・

というわけで、宮里選手が90位にトップ100入り、今平選手が102位に落ちました。トップ50に入ってマスターズに出場したいという小平選手は現在61位、残りの試合で優勝と上位があれば、トップ50も夢ではなさそうです。小平選手は現在賞金ランク1位ですが、このまま1位で賞金王になったとして、しかし、マスターズに出られないとすれば、残念なパターンということになります。やはり賞金王になればマスターズに出たいところ、真の賞金王実力者は松山選手だけに、致し方なし、といったところでしょうか。今週の女子は・・・

1 So Yeon Ryu
2 Sung Hyun Park
3 Lexi Thompson
4 Shanshan Feng +2
5 In Gee Chun -1
6 Anna Nordqvist -1
7 I.K. Kim
8 Lydia Ko
9 Ariya Jutanugarn
10 Cristie Kerr +4

というわけで、カーさんがトップ10に復活乱入、シャンシャンもまだまだあきらめない、といったイメージでした。今週の日本人は、野村選手が28位に1ポイントダウン、鈴木選手は44位をキープ、川岸選手も46位をキープしていました。そして畑岡選手は48位に上昇、トップ50入りしました。アメリカで戦っていた頃が嘘のような躍進ぶりですね。今週の試合が楽しみだと思いつつ、今日もレッスン公開です・・・

本日も急に冷え込む中ご覧下さいまして誠にありがとうございます。お手数ですが、クリックのご協力をお願い致します!毎日本当にありがとうございます。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| レッスン公開 | 10:20 | - | - |
<< | 2/160PAGES | >>