CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

タイガーのスイングヒストリー22

PGAツアー今年の初戦、トーナメントオブチャンピオンズ三日目、松山選手は-1でラウンドし通算-7は12位タイに後退、首位はDJが−7でラウンドして通算-16、二位はハーマンが-14、ラーム-12、ファウラー-11、スピース-8、JT+2などでした。松山選手はラウンド後のインタビューで「いいところはなかった、ショットは100回打って1回くらいの感じ、明日はビッグスコアが出せるようにがんばりたい」と言ってました。それでは今日は、タイガーの一年後のダウンスイングです・・・

上の図は、ダウンの途中ですが、ほぼほぼ同じような印象です。この頃は、トップでコックを入れたものの、まだまだ体の回転速度が速すぎるのか、タメを作ることができず、ダウンに入るとノーコックスイング時代と同じようなタメのスイングでした。

ノーコックに改造したことで体の回転速度が速くなったので、それにコックを加えるとタイミングが合わずミスショットになりやすかったのではないかと思われます。しかし、この後、ダウンでの体の戻りが遅れてタメのあるスイングに変化していきました。つまり、ジュニア時代のタイミングに戻っていった、ということでしょう。そして、驚異的な結果をだすことになりました。ただ、左膝のツッパリは修正しなかったので膝は徐々に悪化し、その後に腰の異常までも引き起こすほどになりました。

タイガーの膝は、ヘイニーの時代に最悪となり、その後、ショーンのレッスンで腰まで悪くすることになったのですが、そんなふうに世界一の選手でさえブッチは憧れの選手のコーチ、ヘイニーはジュニア時代から知ってた人、ショーンは友達の紹介、みたいな感じでコーチを選んでボロボロになっちゃいました。しかし、それは洋の東西を問わず、どこでも誰でもそうしていることなので、致し方なしといったところでしょう。コーチの良し悪しなんてなかなか見抜けるものではないものです。だから、内容ではなく評判や周りの意見などに頼らざるを得ない、ということになって普通のようです。

本日も連休の中、ご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 13:13 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー20

週のトーナメントは、前年度のツアーチャンピオンだけが参戦できるセントリートーナメントオブチャンピオンズです。日本からは松山選手が参戦します。主な出場選手にはスピース、JT、ダスティン、ファウラー、ケプカ、ラーム、ケプカなどそうそうたるメンバーが名を連ねています。個人的に注目したいのはシェフラーじゃなくてシャフリーで、上位フィニッシュするのではないか?松山選手のライバルになるのではないか?と目される選手です。

それでは今日もタイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

続きを読む >>
| コラム | 09:31 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー19

イガーのスイングヒストリー、フィニッシュでは膝の故障の原因がよくわかりました。

上の図は22歳のタイガー(左)と約一年後のタイガーです。どちらも私が撮影したものです。二つの画像は、微妙に撮影角度が違うので正確には判断できませんが、大きな違いが発生していました。まずはセットアップですが、以前に比べグリップ位置が体に近くなっているようです。そして、前傾も若干浅くなったか?という印象です。右のスイングを撮影したのは99年初頭で、タイガーはスイング改造中だと言っていた時期です。タイガーは98年の記録がとても悪く97年にマスターズに勝って以降、スイング改造に着手したという話でした。

っていうか、93年にブッチに習いだして97年までの時点でも相当な改造をしてきたわけで、でもってそれから大きな改造をするってどういうこと?これまでの改造は何だったの?と首を傾げたくなりますね?しかし、実際、僅か1年ちょっとでスイングは大きく変化した部分がありました。それは何か?あたりを今後ご紹介していきます。ほんと、全く不可解な改造ですよ〜お楽しみに!

本日も三が日なのにご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 11:33 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー18

イガーのスイングヒストリー、フォローでは左膝突っ張り症、チキン肘症、右肩落ち症、軸傾斜拡大症と言った多くの問題が発生し、故障も時間の問題と感じられました。

上の図はフィニッシュですが、顕著な体の違いはやはり左膝で、以前は少し曲がったフィニッシュで膝に負担は感じられませんでしたが、22歳のフィニッシュは膝を突っ張ったフィニッシュになっています。クラブの動きとしては、シャフトが水平に近い角度に変化しています。これはクラブが下から入るのを力で避けようとした結果でしょう。

タイガーは、まず左膝を故障しコーチを変えてもそれは悪化、更にコーチを変えて左軸打法にしたら腰にまで怪我が広がり何度もの手術やリハビリが必要になりました。現在はコンサルのコモと相談しあってスイングを作っています。その過程で今回ご紹介したスイングの変化が説明されたとしたら、怪我の根本原因がブッチのレッスンであったことや、ヘイニーでは治せなかった理由、ショーンで悪化した理由などが理解できたのではないでしょうか?だから、これまでのコーチに習った事は全て捨てる、なんて言う全否定の発言があったのではないかと考えられるのです。

本日もお休みの中、ご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。今年もよろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:49 | - | - |
謹賀新年

日の出かどまつ 本年もよろしくお願い致します かどまつ鏡もち

今日から2018年です。今年も皆様の上達に少しでも貢献できるよう、より一層の努力をしていきたいと思います!

人気blogランキング上達祈願のクリックニャン

 

| コラム | 14:13 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー17

イガーのスイングヒストリー、フォローを正面から見たところ左肘のチキン発生と言う明確な問題が見られました。自然な動きから不自然な動きへとスイング改造してしまっていた事になります。今日は後方からの図でわかる改悪を見てみましょう!

まずは肩のラインに注目です。以前に比べかなり垂直方向に傾いてしまっています。同時に左足の傾きも大きくなっているのがわかります。以前より下半身の回転速度を上げることでヘッドスピードを上げていたので、こういう変化が起こっています。シャフトの抜ける角度もアップライトになっていて、16歳の頃よりも長いクラブを使っているのに逆の変化が起こっています。つまり、以前よりカチ上げスイングになっていたわけです。

これらの変化から、タイガーのその後の怪我の原因は言うまでもないことがわかるでしょう。タイガーの場合、自分の体の限界を超えても結果が出せるので、どんなスイングを習っても結果を出しました。しかし、その結果どうなったのかは誰もが知る通りです。ただ、そもそも憧れの選手のコーチ、と言う理由で選んだ結果なので致し方なしといった所でしょうか。

今年も一年間ご覧いただきまして、ありがとうございました。皆様の上達に少しでもお役に立てていれば幸いです。また来年もよろしくお願い致します。明日の元旦は、タイガーのスイングヒストリーをお休みしますが、時間限定でブッチってどんな人?って言うのを公開予定です。かなり好き勝手に書く予定なので、すぐに削除しますから、興味のある方はお見逃しなく!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 10:55 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー14

イガーのスイングヒストリー、トップでは、ノーコックでコンパクトになっていましたが、体への負担が強く力でスイングする感じに変化していました。

今日はダウンですが、上の図は左腕がほぼ同じくらいの角度の瞬間ですが、明確な違いが一つありますね。それはシャフトの角度です。22歳の頃のタイガーには、かつてあったタメが全くなくなっています。キャスティングしているとかでは当然ないですが、ノーコックスイングなのでリストでのタメがないスイングになったわけです。

言うまでもなく16歳の頃のタイガーも既に驚異的なヘッドスピードで飛ばしていたので、16歳の頃と22歳の頃とを比較してヘッドスピードに差はないか、22歳の頃の方が少しは早くなっていたかもしれません。しかし、リストによるタメのないスイングでヘッドスピードを出すためには、当然手の速度を上げる必要があり、それは結局体の回転速度を上げることで実現することになります。つまり、この頃のタイガーは、クラブに仕事をさせるスイングではなく、体の回転力便りのスイングになっていたわけです。折角クラブに仕事をさせるスイングが出来ている人なのに、それを殺して体に無理をさせるスイングになってしまっていたわけです。

タメがないということは、フェースの回転量を減らす必要があるので、以前よりもフックグリップにしてフェースローテーションを減らしてスイングしていたわけですが、ま〜ナンセンスとしか言いようがない、というのが正直なところです。これが世界のトップコーチがやっているレッスンなわけです。もちろんタイちゃんはどんなスイングでも世界一になれる能力があったので、このスイングで体がボロボロになっても結果は出してしまいました。

ノーコックでもボールは飛ぶし、良い結果だって出せますが、クラブに仕事をさせない分、体に負担がかかる、というこは理解して取り組んだ方がいいでしょう。タイガーはどんでもなく体を鍛えて結果をだしました。そして、それほど鍛えても体を壊しました。つまり、良い結果は能力次第で出せるけど、短命に終わる、ということは明確なので、アスリート系のみなさんは、そういうことも全て理解している人に習うようにした方がいいでしょう。

本日もご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 10:30 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー13

イガーのスイングヒストリー、バックスイングでは手の動きに変化が見られました。22歳の頃は少し浮いて腕力が必要なスイングになっていました。

そして、上の図がトップです。一目でわかる変化はトップがコンパクトになったことでしょう。シャフトクロスに変化はありませんが、フェースは微妙にシャットになっています。

正面から見たグリップ位置はほとんど同じですが、シャフトの角度に差があるのはノーコックトップに変えたからだと考えられます。その他の変化としては、肩の回転量は同じくらいですが、腰の回転量が減って体の捻転が強くなっていることでしょう。これは右ひざの動きを抑えることで腰の回転を抑えているようですが、こういうことも腰への負担に繋がっていると考えられます。

全体としてトップの印象を見た時、16歳の頃の方がやわらかく、22歳の頃の方が全身に力が漲っているように見えます。16歳に比べ22歳の方が全身に筋肉に硬直感が感じられるということです。この頃のタイガーは、エルスの柔のスイングに対し、剛のスイングなんて言われていましたが、タイガーは本来柔のスイングの持ち主で、それをレッスンによって剛に変えたことがわかると思います。そして、それが体の故障に繋がったことは間違いないでしょう。しかし、確かにこのタイガーのトップは、少しブッチのお父さんのトップに似てきている、ということは言えるようです。

本日もまたお休みの方も、そうでない方もご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 10:27 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー12

イガーのスイングヒストリー、テイクバック比較では、ほとんど変化が見られませんでした。

上の図は、バックスイングの途中ですが、どちらもかなりワイドでノーコックのバックスイングであることがわかります。そして、以前の方がグリップがややインサイドに入っている点が違いとしてあります。これは、セットアップでのグリップ位置の違いによる部分もありますが、22歳の方はグリップが浮いてしまっている点が悪くなっていると言えるでしょう。

上の図の赤い線は、グリップ軌道の基準ラインでグリップエンドがオンラインであれば浮いてないと判断できますが、図でわかるようにアウトに離れているので浮いていると判断できます。

フェースアングルはどちらも同じくらいですが、リストの角度はこの頃の方が広いようです。これもセットアップでの違いからくるものかもしれません。

従って、バックスイングでは以前よりも腕力が必要な動きになっています。そして、トップではさらに大きな変化が起こってくることになります。果たしてそれはどんな変化でしょうか?明日のお楽しみです。

本日もまたお休みの方も、そうでない方もご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 08:21 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー11

日はイブなので、例によって例のごとく、こちらの映像をお楽しみください。

この映像も、何度見ても完成度の高さに驚きですね。マライアもこの後かなりデブになって、ちょっと痩せたかと思ったらまたデブにリバウンドみたいなことになって、今ではもうライザップでもどうにもならないような状態ですが、この映像は素晴らしいですね。

さて、今日はテイクバックですが、テイクバックでは、以前も手先を動かすことなく肩の回転で行っており、それは6年後も変わっていないようです。

正確には、以前は頭が少し右に動いていましたが、この頃はあまり動いていなかった、というあたりが微妙な違いとしてあるようですが、ほぼほぼ同じテイクバックと言っていいでしょう。どんなスイングにしても、手先はあまり動かさない方がいい、ということになりますね。参考にして下さい。

本日もまたお休みの方も、そうでない方もご覧下さいましてありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。毎日ありがとうございます。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 


毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 14:44 | - | - |
<< | 2/20PAGES | >>