CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー

RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

冬休み特集 渋野選手のスイング改造3

野選手は、2017年のプロテスト後、QTの結果で翌年のステップに参戦、そしてプロテストも受けて合格、引き続きQTで40位になって2019年の第二戦、ヨコハマタイヤレディースに出場し、いきなり6位タイ、次のTポイントとアクサレディースには予選落ちしましたが、ヤマハで27位、スタジオアリスで16位タイ、バンテリンレディースで20位タイときてフジサンケイでは2位になりました。

この頃の目標は、ランキングを上げて後半戦も出場できるようにすることだったと思いますが、次のパナソニックで13位とし、迎えた初国内メジャーのワールドレディースサロンパスカップで初優勝しました。これで目標達成どころか、シードまで確定させてしまいました。

とんとん拍子を絵に描いたように実行していったわけですが、そこには子供の頃からやってきた基礎訓練とスイングのマッチング、そして、それをやる能力など、いろんなものが終結して驚異的な結果になったと言えそうです。すべては運命がそう導いていたようなお話ですね。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、日本のプロがなぜ世界で活躍できないのか?総力特集です!是非、ご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| コラム | 07:24 | - | - |
冬休み特集 渋野選手のスイング改造2

野選手のセットアップは、かなり大きく変化していました。渋野選手は2017年のプロテスト後にスイング改造を始めたそうですが、レッスンの時には700球くらいは打っていたそうです。そして、レッスン以外の自主練習でも、おそらくは相当ハードに練習したのだろうと思われます。

渋野選手は2017年のプロテストには落ちましたが、同年のQTではサードまで進出し、ファイナルへは行けないものの59位(44位までが通過)だったので、2018年のステップアップツアーにはプロテストで出られない試合以外はフルで出場しているようです。

つまり、プロテスト後にもQTがあり、オフのあと3月から試合が続いている中でスイングを変えていったことになります。大部分はオフでガラっと変えて、その後はちょっとずつというイメージかもしれませんが、戦いながら劇的に変えていき、かつ結果も出すというのは、驚異的と言えるでしょう。

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、日本のプロがなぜ世界で活躍できないのか?総力特集です!是非、ご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| コラム | 14:39 | - | - |
冬休み特集 渋野選手のスイング改造1

年もツアーが終了し、世界ランクも終了ということで、例年のように何か特集を、ということで、今年は渋野選手のスイングを特集したいと思います。

渋野選手は2017年のプロテスト後に現在のコーチの元でスイング改造を始めたということです。そしてたったの2年でメジャーを獲ったのですから、驚異的な成長ぶりです。

2017年のプロテストでは、最終プロテストの予選で敗退するほど酷い状態でした。その年は松田 鈴英選手がー11でトップ合格、勝みなみ、新垣選手らはー5、小祝選手が-2で合格といった中、渋野選手は三日間で+14で敗退していたのでした。どん底状態ともいえるでしょう。ただ、それでも最終プロテストまでは行ける能力があったわけです。

渋野選手のそれまでは、地方アマチュアやジュニアに勝つことはあっても、全国レベルで活躍できる選手ではありませんでした。

これほどまでに急成長できたのは、お母さんが元やり投げの選手で、お父さんは元円盤投げの選手だったという投げ物DNAと基礎トレーニングを子供の頃からやっていたこと、それに合理的なスイングが合わさったことがあると言えるでしょう。

身長が170か、それ近くあり(公式発表は167ですが、高身長女子の場合、低めに言うことが多いので)足のサイズが27cmであったり、腕がとても長いなど、非凡な才能に恵まれていながらジュニア時代に活躍できなかったのは、あまりにも乱れやすいスイングだったから、ということを言わざるを得ないと思います。しかし、そういうスイングのジュニアはとても多いので、才能が活かせない選手はとても多いと思われます。

それでは早速渋野選手のスイングがどう変わったのか?見ていきましょう!

人気blogランキング←コチラをクリッククリックニャンニャンニャン

毎度ありがとうございます。

来月のメルマガは、日本のプロがなぜ世界で活躍できないのか?総力特集です!是非、ご購読ください。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

続きを読む >>
| コラム | 14:38 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー42

ブルビーチプロアマは、ミケルソンが優勝しました。二位はケーシーでした。今日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で8試合、ペブルビーチプロアマ(46)VICオープン(20)などでした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、全く変動はありませんでした。今週の日本のトップ10は・・・

ということで、松山選手は28位に後退、その他の選手も下降傾向でした。それでは今日も、世界の青木誕生スイングヒストリーです・・・

上下の図は50歳の時と40歳の時のフィニッシュです。

フィニッシュは、ほとんど違いはなく、50歳のフィニッシュの方が真っ直ぐ立っている印象です。

今回ご紹介した青木プロのスイング改造は、ゴルフを始めた当初は野球スイングで大スライス時代が1年、そして体を止めて腕だけで振ってフッカーになって、フッカー時代が17年くらい。しかし、積極的にフックを打っていたのは3〜4年で、ずっとフェードヒッターに憧れていたそうです。なので、フェードにしたいと思ってからフェードが完成するまで12〜3年の時間が必要だったということになります。スイング改造とはそれほど忍耐が必要なものということです。

しかし、その目標を達成して世界の青木と言われる結果を出すことに成功しました。15歳という年齢は、当時でも世界的にはプロを目指すには遅い方で、欧米では子供の頃からゴルフをやっている人がプロになっていたことを考えれば、それでいて世界で勝つという結果を出したのは、驚異的なことだと思います。そういう結果を出せた改造の最大のポイントは、ダウンで寝ていたクラブをずっと立てたままスイングできるようになったということです。

寝るとか立つっていう意味がわからない人が多いと思いますが、簡単に言えば、寝るというのはバランスが崩れいてる、ということで、立つというのはバランスが取れている、ということです。つまり、バランスが取れていないスイングからバランスが取れたスイングに改造できたことで、世界で戦えるスイングになった、ということなのです。道理的に当然の結果ですよね。青木プロはスイングの正しさを本能的に理解していたということでしょう。

ダウンスイングについて、クラブを立てるのが正しいか、寝るとか寝かせるのが正しいか、という問題は、簡単に言えばバランスが取れているのと取れていないのとどっちが正しいか?っていう問題を問いかけているわけで、問い自体が間違いというほど自明な問題なのです。自転車は蹴って走るのが正しいか、ペダルを漕ぐのが正しいか?って聞いているのと同じです。まあ、ある人が漕ぐより、ある人が蹴って走った方が早いかもしれませんが、早いから正しいわけではないのは、誰にでもわかるでしょう。ただ、スイングでは、その差がなかなか見た目にわからないから混乱するのです。なぜわからないかというと、基準が明確でないからです。そして、明確な基準はグラビティプレーンしかない、っつ〜〜ことですね。めでたしめでたし、です。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 07:55 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー41

ブルビーチプロアマ最終日、午前8時44分現在、試合は最終組が9番をプレー中で、首位はケーシーが-16、二位はミケルソンとラングリーが-14で追っています。

青木プロのスイングは、76年に開眼し、78〜9年頃には確信が持て、82年頃は絶好調で世界の青木になりました。そして、10年後の1992年のスイングを見ても、技術的な変化はありませんでした。

上下の図はフィニッシュ直前くらいですが、形としてはほぼ同じと言っていいでしょう。

ちょっとした違いがあるとすれば、ローテーション量の違いと体の角度、92年のスイングの方が体が垂直に近い、という違いくらいだろうと思われます。バックスイングの段階では、腰の回転量に違いが見られましたが、その差が軸の差になっているのかもしれません。50歳のスイングの方が、より動きが少ない、というか、落ち着いているというか、良い意味で楽にスイングしている、というか、そういう印象です。余裕でプレーしているイメージです。

最近、10年以上ぶりくらいでレッスンに来ていただいた方が数名いて、ボールに当たらなくなってゴルフがつまらない、飛ばなくなった、とった理由でレッスンに来ていただくことができました。そんなふうに困った時に思い出して来ていただけることは、とても嬉しくありがたいことです。

10年経過したスイングを見ると、10年前とほとんど変わっていない、というよりむしろ悪化しているようでした。10年という歳月で体も変化し、若さで対応できたことに対応できなくなり、しかし無理に今まで通り飛ばそうとするから、許容されたエラーが許容できない範囲に拡大している印象です。

青木プロのスイングを見ると、年齢に伴って無理のないスイングに変化していますが、一般の方の場合、年齢に逆らって無理をするスイングになりがちです。そして力ばかりはいってしまってどうにもならなくなるようです。また、ある方は友人の勧めであるレッスンを受け、そしてスイングがボロボロになってしまった、という人もいました。飛ばなくなったので、バックスイングをもっと大きくするようにレッスンされたそうです。そしたらどうにもならなくなったということでした。

アマチュアの方に、そして教えている立場の人でさえ、バックスイングが小さいと飛ばないと思っている人は少なくないようです。現実には、バックスイングを大きくする→最大加速ポイントがボールの手前に移動する→減速状態かつロフトが増えてインパクトする→ボールは上がって飛ばない。ということになることがほとんどなのですが、なんとなくその方が飛ぶ気がしてなかなか直せません。そして、そのままゴルフ人生を終了することも少なくないでしょう。

ボールは、ヘッドが加速中に打つことで飛びます、そのためにはトップを小さくすることが有効です。トップを信じられないくらい小さくすることで、筋力の活用が良くなり加速にもつながります。ただ、コックとローテーションが正しくできなければいけないので、その練習が必要ですが、そこさえできれば今より小さなトップで今までよりはるかに飛ぶ、ということは大多数の人にとって可能で、それは、最新のクラブに買い替え続けるよりも遥かに低コストで実現できます。しかし、人間、楽になんとかしたいものなので簡単にできるクラブ交換でなんとかしようとします。

スイングは、変える気で変えないと10年経っても20年経っても変わりません。ということは、その10年とか20年で使った練習代、月に1万円でも120万円〜240万円というお金は、無駄遣いにすぎないのです。変わらないか、もしくは悪化することに費やしているわけです。むしろ、練習せずにコースばかり行ってても、同じかその方が良いかもしれないくらいなのです。そこんとこよく考えて取り組むようにしましょう!

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:13 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー40

ブルビーチ三日目、首位に立ったのはポール・ケイシーが-15、二位はミケルソンの-12、デイは-9で7位タイです。注目のホソンは17Hを終えて+8は135位タイ、日本で勝つプロでもアメリカでは予選落ちが多いというのは、例えば日本のメジャーに帰国参戦で勝った小平選手を見てもよくわかることで、この結果は特に悪いということもない結果と言えそうです。やはり日本やアジアとアメリカの差は、まだまだ溝が深いようですね。しかし、そんな中でもキム・シウなど二名の韓国人選手が予選を通過しているので、アメリカ男子の韓国勢の侵略は着々と進行しているイメージです。今日の中継で、ホソンのスイングについての解説では「オンプレーンの理にかなったスイングです」と言ってました。私が解説だったとしたら、腕で振り上げて腕でかなりインサイドからまくって振るので、かなりフックするところ、このような特殊なフォローでチーピンを防いでいるのでしょう。例えばパーマーのフィニッシュでは左肘を持ち上げるような特殊な動きがありましたが、それのもっと強烈なやつ、ということですね。相当に意志の強い腕っぷしゴルファーといった印象です。流石フィッシュマンですね。といったところでしょうか?オンプレーンじゃないから特殊なフォローが必要になる。っていうことです。

クラブが寝てフックに悩んだと言えば青木プロもそうでしたね。上級者が悩むことは同じようなことになるということでしょう。解決策が、ホソンは個性的なだけです。なので、チーピンに悩んでいる方は、ホソンのようにすると良いかもしれない、というこになるでしょう。それでは今日も世界の青木誕生スイングヒストリーです・・・

上下の図はフォローです。

フォロー直後では、左足つま先内側の動きからフックを避ける動きがわかったということでした。上の図の位置では、そういった違いもほとんどわからないほど似ています。微妙な違いを言うとすれば、右の図での腕のローテーション量で、50歳のスイングの方がローテーション量が多いようです。40歳のスイングはフックを避けたためローテーションが少なくなっており、50歳の方は普通のローテーション量になっている、ということかもしれません。しかし、それはスイングの本質的な違いではなく、スイングの個々の変化にすぎない、ということなのでしょう。

チェ・ホソンもインサイドからまくるスイングでアジアで勝ち、日本でも二勝しました。青木プロも似たいタイプのスイングで日本では強かった、しかし、世界で勝つには改造が必要になり、それをやって成功しました。ホソンは25歳でゴルフを始めたので、もう改造は無理でしょう。個性的すぎるので、ここから変えたらおかしくなるだけです。なので、決してアメリカでは戦えない、ということになるとは思いますが、そういうことは今回の世界の青木誕生スイングヒストリーを読んでいれば、とってもよくわかると思います。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:22 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー39

ブルビーチプロアマ二日目、試合は雨のためサスペンデッドになりました。暫定首位は-10に5人、ミケルソン、グラバー、ラングレー、ケイシー、スピースらです。注目のホソンは+4と崩れ128位タイ、ホソンは上位グループに多い、初日モントレー、二日目スパイグラスヒルというコースだったのにこの結果でした。明日はペブルビーチですが、予選通過は難しいようです。今回はビギナーズラックということになりませんでしたが、少し慣れれば戦えるかもしれません。

それでは今日も世界の青木誕生スイングヒストリーをお楽しみください・・・

上下の図では、下の図が絶対に左に行かせないために腰の回転を早めに行っているのがわかる部分がある、という本人の解説があるが、それをどこか?ということでしたが、考えて頂けたでしょうか?

それは、左足のつま先内側です。50歳の方のスイングは、左足つま先の内側がしっかりと地面についているが、40歳の時のスイングは左足つま先内側が少し浮いています。これは、その時は腰を早く回したのでそうなった、とご本人が解説しています。

非常に微妙な違いですが、重要なことは、そういう微妙な動きにまで神経を使ってスイングを見る、ということで、そういう能力があったから、他人のスイングをよく見て感じて自分のスイングに応用し、世界の青木になった、ということが言えるのかもしれません。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 09:39 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー39

週のトーナメントは、アメリカ男子のAT&Tペブルビーチプロアマ、日本からの出場選手はありません。韓国人選手は7人も出場しています。中でも注目はチェ・ホソンで、「ホソンを知ろう」みたいな特集ページまで設置されていました。貧しい漁師の家で生まれた、貧しかったので病院でなく自宅で生まれた、みたいなことから書かれていました。何と言ってもあの特徴的なフィニッシュが話題で、今回のコースはプロアマということでセッティングが甘いので、十分に戦えるだろうと思われます。果たして、どんな結果を出すのか?というより、あの大爆笑フィニッシュでここまでやってきたことに感服ですね。頑張って、アメリカを爆笑の渦に巻き込んでほしいところです。

現在のツアーには先日のデザートクラシックと今回と二回のプロアマがありますが、松山選手も小平選手も出場しません。スケジュール的な問題だろうと思いますが、小平選手は結果が欲しいので、貪欲に出てほしい気がします。ただ、もしかするとプロアマに出場して、同じ組のアマチュアの皆さんにがっかりされたりすると、それがつらい、ということがあるのかもしれません。なぜ、日本人はプロアマを避けるのか?もし、そういう辛さが問題だとしたら、ホソンのような図太さというか、大らかさというか、そういうものが必要なのかもしれないですね。それでは今日も、メチャクチャな英語でも平気でアメリカで戦ってきた世界の青木誕生スイングヒストリーです・・・

上下の図はフォローあたりです。

昨日は青木プロご本人の解説として、82年のスイングは絶対に左に行かせないために腰の回転を少し早くしている、と説明していたことをご紹介しました。青木プロはその証拠として、上の図でのある違いを指摘しています。それは一体なになのか?超細かい指摘ですが、一度考えてみてくださいね。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 13:26 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー38

週のGOLFWebTVは、アマチュアゲスト嶋本さんのフォローフィニッシュです。嶋本さんのスイングは、インパクトでのリリースが早く、腰も回転していませんでした。アマチュアにとてもよくあるスイングでした。

今回はフォローフィニッシュを元に、怪我をしやすいスイングについての説明がありますが、怪我をしやすいスイングと言っても、アマチュアの場合は練習量自体が少ないので、例えば怪我をしやすいスイングでも怪我しない場合が多いかもしれません。どんなスイングだって週に1〜2度、200球程度の練習だとしたら、怪我をすることもないでしょう。

しかし、練習量だけは誰にも負けない、くらいの勢いで練習している人は、怪我への注意が必要です。レッスンに来ていただく方の多くは、スイング中にとても力を入れて振っています。それも、腕や手に強烈に力を込めていることがとても多いのです。なので、むりくりスイングしていることがほとんどなので、量が多いと怪我をする人が多いと思われます。

最近は、道具が軽くなっているので、昔ほど怪我をしなくなったのかもしれませんが、やはり、同じ動作を繰り返す場合、ちょっとした無理が重なって大きな怪我にならないとも限りません。

ゴルフでよくある怪我は、左肘の炎症や肋骨骨折、腰の異常などです。どの症状も不自然な動きが原因だと考えられます。多くの場合、ダウンスイング以降に右肩が落ち、場合によってはインパクトで肩のラインがほぼ垂直に見えるほどに傾いてしまっている人もいます。そういう形というのは、やはり不自然なので、腰や肋骨に問題が出てくることが多く、タイガーの腰もこれが主な原因だったのではないかと思われます。なのでタイガーも現在はなるべくそうならないようにスイングしているようです。

左肘の問題は、インパクト後の左肘に無理がいってないか?押されるようになっていないか?などをチェックしましょう。タイガーの場合は、最初に左ひざを痛めましたが、これはブッチに左ひざを突っ張って加速するように習ったことが原因だったと思われます。体の限界を超えるほどにやってしまえるところがタイガーの凄すぎるところです。

スイングでの異常な動きといのは、見た目にバランスが悪いものなので、どこか窮屈そうだったり、無理な体制だったり、そういうことがないかをチェックしましょう。そして、無理なく行うにはどうすれば良いかを考えてみましょう。それでは今日も、世界の青木誕生スイングヒストリーです・・・

上下の図はインパクトあたりです。

ゴルフスイングには、背骨の右傾斜が必要、ということでした。上の図は、どちらもほとんど同じで体の傾きに若干の差がある程度で、他に違いはないように見える。この差は本人によると82年のスイングはフェニックスの16Hで、絶対に左に行ってはいけないホールだから、腰の開きを若干早くして、絶対に左に行かないようにして打っているのに対し、50歳の方は思い切り叩いていることからくる違いだということです。

二つのスイングに共通する点で見てほしいのは、左膝から下の部分で、つまりスネということになりますが、これがどちらもほぼ垂直になっている、という点です。ダウンスイング以降、左腰が左にスエーする、といった症状がある人、或は突発的なフックが出る、ということで悩んでいる人は、一度ここをチェックしてみるといいでしょう。もしかして膝が左に流れてスネが左に傾いているとしたら、それが原因かもしれません。何かの拍子に1センチくらい余計に膝が流れた時にミスになっている可能性があります。なので、そういう症状に心当たりのある方は、一度ひざ下は垂直よりも左に膝が流れない意識を持ってスイング練習してみましょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 10:31 | - | - |
世界の青木誕生スイングヒストリー37

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で4試合、フェニックスオープン(56)サウジインターナショナル(48)サウジインターナショナルには宮里選手と谷原選手が出場していましたが、谷原選手は予選落ち、宮里選手は22位タイでした。今週の世界トップ10は・・・

というわけで、勝ったファウラーは8位にジャンプアップ、その他上位に変動はありませんでした。今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、小平選手は予選を通過したもののランキングはダウンしていました。その他も大きな動きはありませんでした。それでは今日も、世界の青木誕生スイングヒストリーをお楽しみください・・・

上下の図はダウン中後半です。二つの差と言えるのは、50歳の方が背骨の右傾斜が微妙に少ないかも、といった程度の差しかないようです。

青木プロの場合、セットアップでは背骨を垂直にするラージY型です。しかし、それでもどうしてもダウンではこのように背骨は右傾斜する必要があることがわかります。どんなに垂直を維持したいと言っても、どうしてもこの程度の右傾斜は必要なのです。

青木プロの場合は、セットアップでは垂直、ダウンで右傾斜、ということになっていますが、世界的に見てトッププロに多いのは、セットアップでも右傾斜、ダウンでも右傾斜、つまり、スイングの間中できるだけ傾斜を変えない、というイメージのスイングが多い、ということになります。軸の変化を嫌うわけです。

どうしてセットアップに差がでるのかというと、青木プロの場合、バックスイングで肩の回転の割に手が倍ほど動いていました。つまり手や腕主導のバックスイングでした。その場合は背骨を垂直にしておいても問題ないのですが、肩と腕を一体に回すには垂直の背骨は困るのです。その場合は最初から右傾斜が必要になるのです。

肩と腕を一体に回転させる場合に背骨を垂直にしておくと、肩の回転量がとても少なくなってしまいます。どこかでどうにかして背骨を右に傾けなければならなくなるのですが、それは難しい、なので、最初から傾けて置けば簡単です。腕が主導する場合は、腕によって肩が引っ張られ、それに伴って背骨も自然に右傾斜できるので、セットアップで垂直にしておける、或はしておいた方が良い、ということになるのでしょう。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

| コラム | 13:17 | - | - |
<< | 2/28PAGES | >>