CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


人気ブログランキング
ブログランキングバナー
RECOMMEND
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌]
週刊パーゴルフ 2015年 8/25 号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティプレーン理論によるレッスンが掲載されています。
RECOMMEND
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌]
ALBA TROSS-VIEW (アルバトロス・ビュー) 2013年 4/11号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

グラビティープレーンを目指そう!掲載誌です。
RECOMMEND
グラビティプレーン理論 クラブの動き編
グラビティプレーン理論 クラブの動き編 (JUGEMレビュー »)
田中 振一朗
スイングの真実を知りたい方に!




ARCHIVES
CATEGORIES

COUNTERS
Total
Today
Yesterday

タイガーのスイングヒストリー91

ルテクノロジーマッチプレー決勝ラウンド、今日はグループリーグを勝ち抜いた16名を8名に絞り、そしてその8名を4名に絞る2試合が行われました。その結果、ベスト4に勝ち残ったのはジャスティン・トーマス(2)ババ・ワトソン(35)アレックス・ノレン(13)ケビン・キスナー(32)の4人です。結果からすれば世界35位以内の選手しか残らなかったので、順当な結果と言えるかもしれません。明日は準決勝と決勝が行われます。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図はフィニッシュ直前です。正面から見ても後方から見ても、体に無理がなく安定感があってバランスがとても良いことがわかります。注目してほしいのは、服のシワです。ほとんどシワがなく、体のラインに対してナナメに入るシワはほとんど見られません。つまり、それほど体がナナメには捩れていない、ということになります。良くないスイングでは、この位置でもっと肩が斜めに傾き、腰が流れるなどして軸も傾き、といったことになっているものです。

この位置でこれほど体に無理がなく、安定感もあり、必死感がないスイングなのに今まで以上に飛んでいるというのは驚異的ですよね?

フォローのこの位置あたりでこのように肩が水平であり、バランスが良い、というのはとても重要で、これをマネしてこの形に収まるようにスイングするだけでもスイングを良くする効果があると思うので、今日の練習ではこの位置でのこの形を意識して練習してみましょう。完コピするくらいの気持ちでやってみて下さいね。

今日も日曜日なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 09:25 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー90

WGCデルテクノロジーマッチプレー三日目、今日でグループマッチが終了し決勝ラウンド進出者が決定しました。今回のマッチプレーには、松山、池田、宮里、小平選手の4名が出場しました。結果は、松山選手が1勝2敗で敗退、池田選手は1勝1敗1分で敗退、宮里選手は0勝2敗1分で敗退、そして小平選手は0勝3敗で敗退、ということになりました。今回は、日本ツアーのトップ3、日本人選手のベスト4が出場したわけですが、それでいて全員予選敗退というのは、非常に残念な結果だったと言えるでしょう。ただ、決勝進出が16名であることを考えれば、そもそも可能性があったのは松山選手だけ、ということなので、松山選手が敗退したことでこの結果というのは、しかるべき結果ということだったのかもしれません。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図はフィニッシュ直前ですが、正面からの図では無理がなくバランスが良いことが感じられます。後方からの姿勢にも無理がなく、体への負担を最低限にしていることがわかるでしょう。

5年前でショーンの左軸スイングだった頃と比べると、バランスの違いが明確だと思います。青い垂線は、両足の中間くらいから上げたものですが、この線に対しての左右のバランスがとても良くなっています。2013年は左に偏りすぎていて、左サイドへの負担が強すぎることが明確にわかると思います。これは単に元の形に戻っただけということがいえますが、それにしてもかなりの変化が起きていて、それぞれでツアーの頂点で戦ってきているわけですから、本当に凄い人としか言いようがないですよね。

今日も土曜日なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 09:32 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー89

週のトーナメントは、WGCデルテクノロジーマッチプレー、日本からは松山、池田、小平、宮里選手らが出場しています。初日の今日は、松山選手と宮里選手が対戦し、松山選手が1アップで勝ち、池田選手はロス・フィッシャーと対戦し、池田選手が勝ち、そして小平選手はカブレラ・ベロと対戦し、敗退しました。従って、2回戦には松山選手と池田選手が進出しています。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図はフォローですが、タイガーが体を痛めた主要な要素に右肩が落ちすぎる、ということがありました。ある時期にはインパクト後に肩が垂直に近いくらいに傾いていたこともありました。しかし、上の図の後方からの図では、そういうことを修正しようとして、水平に近いイメージ肩を回したい気持ちが現れているのがわかると思います。かなり水平に近く、体にも無理がないように見えます。

ジュニア時代と比べても、かなりジュニア時代に近い角度にまで戻っていることがわかるでしょう。

ジュニア選手には、右肩が落ちてダウン以降の肩が縦に回る人が多くいます。ポーラ・クリーマーなども典型と言えます。体が柔軟な時代ならそれでもいいのですが、大人になるに従って思うようにいかなくなるか、体を怪我するか、といったことになりやすいようです。しかし、その点を指摘して修正してくれる人が少なかったり、そこを修正することを嫌がったり、ということがあり、なかなか直らないまま終わってしまった人も少なくないと思われます。ジュニアのみなさんは、ただ気持ちよく飛ばす、ということも悪いことではないですが、トッププロを目指すのであれば、体の歪みがないか?ということにも注意して練習するようにしましょう。

今日も春分の日なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 11:10 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー88

週のGOLFWebTVは、モダンゴルフ解説#1の予定ですが、まだ編集ができていないので明確ではありません。先週はベン・ホーガンについて少し解説しました。そして、モダンゴルフは1957年に出版され50年以上世界で売れ続けているレッスン書で、現実に多くのトッププロが教科書としてきた本です。

日本でも多くのゴルフレッスン書がありますが、現在販売されているもので50年後も売れ続けている本があるかというと、まずないでしょう。なぜかというと、やはり、日本人男子でメジャーに勝った人はいないし、もし、勝った選手がいたとしてもベン・ホーガンの記録を上回るような選手にはならないだろうし、その程度じゃ世界的にはあまり評価されないので、仮に日本人でメジャーに勝つ人が出たとしてその人がレッスン書を書いたとしても、50年は難しいだろうし、世界で認められるような本にもなりえないので、やはりモダンゴルフを超えるのは不可能に近いと思われるわけです。それほどのレッスン書がモダンゴルフ、因みに英語ではBEN HOGAN'S 5 Lessons といいます。モダンゴルフはサブタイのThe Modern Fundamentals of Golfを省略したものだろうと思われます。最近はYOUTUBE動画でも多くのレッスンがあるし、人気のあるものもあります。しかし、そういうものを信じる前に、まずはモダンゴルフを勉強して基礎固めをすれば、間違ったレッスンを見抜くことも難しくはないと思うので、皆さんも一緒に勉強しましょう。世界的に歴史に残るような人のレッスンと、そうでないレッスンと、どっちを選ぶか?考えるほどのこともないですよね?それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

昨日は、上の図とその前のコマとの変化から、タイガーが左足を突っ張ることからくる問題を驚くべき方法で回避しているけど、それはなにか?というクイズを出しましたが、考えて頂けたでしょうか?

それでは答えですが、上の図と下の図の後方からの図を見比べてください。

注目して欲しいのは、左足踵の位置の変化です。左足の踵が後ろにずれているのがわかる思います。このように踵がずれるということは、踵を残すために生じる膝へのテンションをかなり減らしていると考えられます。これはおそらく膝をかばうようにスイングしているうちに身についたものだろうとは思いますが、こういう動きは右軸でなければできません。正面から見た印象は普通のスイングに見えると思います。つまり、普通のスイングというのは右軸ということなので、こういう動きをするかしないかは別にして、軸の基本は右軸、しかし、右重心という意味ではありません。そのあたり、正しく理解しましょう!

今日も春分の日なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 10:26 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー87

日は火曜日なので、世界ランクが更新されています。先週の世界ランクポイント対象試合は全部で4試合、パーマー招待(58)サンシャインツアーのツアーチャンピオンシップ(14)その他でした。今週の世界トップ10は下表の通りです・・・

というわけで、マキロイが13位から7位に急浮上し、松山選手に迫っています。ポイント的にもあまり差がないので、今週の結果次第で逆転されてしまうかもしれません。今週は正念場ですね。そして、今週の日本のトップ10は・・・

というわけで、あまり動きは見られませんでした。今週はマッチプレーなので、結果次第で動きがあるかもしれません。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図は昨日ご紹介した図です。この図では、左足のツッパリが残っており、一度ついた条件反射はなかなか直せないことがわかりました。しかし、タイガーはそのことから来る問題を驚くべき方法で回避している、ということでしたが、それがわかる図が下の図です。

上の図は、その上の図の1コマ後ですが、これら二つの図の変化から、今回のスイングの特徴がわかります。果たしてそれは一体なんのか?みなさも一度考えてみてくださいね。ヒントは、後方からの図で見てわかる変化です。これがわかったら鋭いな〜

今日も火曜日なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 10:49 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー86

ーノルドパーマー招待最終日、松山選手は+2のプレーとなってしまい49位タイフィニッシュ、そして注目のタイガーは13Hまでを-5で回り、通算-12で大逆転優勝をやっちゃうのか!?っていう流れでしたが、16HロングでまさかのOB、そのホールをボギーとしてジエンド、次のホールもボギーとし、通算-10は5位タイで終了しました。優勝したのは、最終日に脅威の-8を叩き出したマキロイが通算-18で逆転優勝しました。二位はデシャンボーが-16でした。

上の図はフォローですが、後方からの図ではヘッドがオンプレーンに抜けていることがわかります。そして、正面からの図でも軸の傾きが少なく、安定感、バランスなどとても良い形になっているのがわかります。どこにも無理が感じられず、とても自然な形です。ただ、左足のツッパリはあるようなので、この癖は一生直らない条件反射になってしまっているのかもしれません。しかし、タイガーはこのことからくる問題を驚異的な方法で回避しているのです。それってなになのか?このコマからはわかりませんが、フォローの続きを見ると明確になってきます。本当に驚きの手法と言えますが、どんなことでしょうか?明日からをお楽しみに!

今日も週明け早々なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 07:31 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー85

ーノルドパーマーインビテーショナル三日目、タイガーは-3でラウンドし、通算-7は10位タイフィニッシュ、首位はステンソンが-12なので、5打差なら逆転の可能性あり、というところで終了できました。明日がとても楽しみですね、やはり、タイガーチャージを期待しないファンはスウェーデン人くらいでしょう。果たして、明日はどうなるのか?久々にワクワクですね。そして、松山選手は-1でのラウンドは通算-3、流石に9打差は逆転可能圏外、ということになってしまっています。しかし、怪我からの復帰直後なので、十分な結果だったと言えるでしょう。残念なのは、日本ツアーのトッププロ二人が予選落ち、ですね。池田選手は調子が良いということですが、それでもこれだと打つ手なし、ということになるのではないか?松山選手はいつも問題だらけでも良い結果、池田選手は絶好調で予選落ち、まるで、今日のテストはダメだった〜あそことあの問題がわからなかった〜と言っている人が、その2問以外全問正解なのに対し、今日のテストはだいたいできたね!良い感じだった!っていってる人が余りよくないのに似ている気がしますね。やはり、自分の問題点を認識できているかいないか、というのは大きな問題のようです。(もちろん、池田選手も問題点は理解していて、しかし、ネガティブなことは言いたくない、ということだろうとは思いますが)それでは今日もタイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図はインパクトですが、正面から見たバランス感、後方から見たGPとの位置関係など、とても良い形です。後方からの図では、カメラの位置がGPよりも高い位置にあって、おそらくタイガーの右肩の高さあたりからの撮影(カメラを肩に担いで撮影していると思われます)なので、GPとの関係は見た目よりもグリップが低い位置にあると考えられ、とても良い位置でインパクトできていることがわかります。

左軸の頃と比べると、これはもう誰が見ても一目瞭然、左軸の頃は、完全にバランスが崩れていて、これでは体に無理な負担がかかって壊れるのも無理はない、ということがよくわかるでしょう。それでもある程度の結果を出すわけだから、ほんと凄い人なわけです。想像を絶する人なわけですね。先週からの戦いを見ても、日本人なら2位になるなんて記録的な結果ですが、タイガーにしてみれば序の口なわけです。まあ、慣らし運転でこの程度、っていう感じでしょう。そういえば、タイガーに左軸の先生を紹介したのはハンター・メイハンだったと思いますが、彼は今週も予選落ち、かなり戦えない状態になっているようですね。

今日も日曜なのにご覧下さいまして、ありがとうございます。お手数ですがランキングのクリックをお願いしております。お手数ですが今日もよろしくお願い致します。大変感謝しております。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 12:40 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー84

ーノルドパーマーインビテーション二日目、タイガーと松山選手は0でラウンドし、タイガーは通算-4で17位タイ、松山選手は通算-2で31位タイ、首位はステンソとデシャンボーが-11、池田選手と小平選手は予選落ちでした。果たして週末のタイガーは大逆転劇を演じてくれるのか?そして縁起のいいコースで松山選手も意地を見せるのか?とっても楽しみですね。それでは今日もタイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図はインパクト直前ですが、ここでもヘッドはオンプレーンにヒッタリ乗っていて、腰は少しオープン、肩は少しクローズという良い形になっています。右肩が落ちるような雰囲気もかなり減っているようです。

左軸の頃と比べると、どれほどよくなっているか、左軸がどれほど悪いか、ということは、もしかするとゴルフを知らない人でもわかるほどの違いがあることがわかるでしょう。どっちがバランスが良いのか?という判断は、人間が自然に持っている判断力であるように思います。バランスが良いものには安心感や安定感を感じるし、バランスが悪いものには不安感を感じるものです。もちろん、完全にバランスが良いものを好むということはなく、多少崩れている方が好きだと感じる人も少なくはないと思いますが、それは芸術的なものの見方の話です。

ただ、人間というのは、入ってくる情報を無意識に修正して認識しているものなので、例えば上の図の二つのスイングを見て、左のスイングの方が安定感を感じる人がいるかもしれません。だとすれば、情報処理に歪みがでているかもしれないので、一度、視覚認識テストなどをしてみるといいでしょう。(そういうテストがあるかどうかは知りませんが)

本日も土曜なのにご覧下さりありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。今日もよろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 11:38 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー83

週のトーナメントは、アメリカ男子がパーマー招待、タイガーや松山選手が出場します。その他にも小平選手と池田選手が出場するので、とても楽しみな試合ですね。果たしてタイガーは通算80勝目を飾ることができるでしょうか?ツアーでは前週に惜敗した選手が勝つ、ということはよくあるので、もしかするとそうなるかも、という期待が持てますね。それでは今日も、タイガーも今年のスイングをみてみましょう。何で強いのかがわかるかもしれません・・・

上の図は、プリインパクトです。クラブヘッドはピッタリオンプレーンになっていて、グリップもオンプレーン、つまり、この時点でのシャフトがターゲットラインと平行になっている、しかも地面とも平行になっている、ということになります。

何度も書いていますが、この位置でのシャフトの向きというのは、インパクトを反映している考えていいと思います。もちろん、力で強引に振っている人はそうでないこともあるのですが、自然に振れば、インパクトを示している言っていいくらいでしょう。つまり、この位置でのシャフトがターゲットラインに対してインサイドアウト(グリップがヘッドよりも外側にある状態)であれば、ヘッド軌道がインサイドアウトになる。逆ならアウトサイドイン、平行ならスクエアになる。ということです。だから、この位置でのシャフトアングルとフェースアングルで、ほぼショットの結果が決まってくる、と言ってもいいほど重要なポジションです。くどいようですが、自然に振らず、手でこねまわしている人は、その限りではありません。

だから、この位置で正しいポジションにあれば、ナイスショットは約束されているのも同然なので、この位置で正しい位置にあるかどうかをチェックすることは、とても重要だし、位置の確認作業も上達には欠かせません。ところがギッチョンチョン、この位置というのは、グラビティプレーンなくしては確定できないので、結局、ここでの正しい位置を知ることができるのは、グラビティプレーンを理解している人だけなんですね〜。だから、皆さんもしっかり理解して活用して下さいね。

本日も木曜なのにご覧下さりありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。今日もよろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 09:42 | - | - |
タイガーのスイングヒストリー82

週のGWTVは、以前ご紹介した辻村プロのその後、ということで、辻村プロのスイングをご紹介します。以前の辻村プロは、インサイドからシャットフェースでまくるようなスイングで、フォローではローテーションを抑えてインサイドアウト軌道でした。あれから3〜4ヶ月、果たしてスイングは変化したのでしょうか?それと今回から始まる新企画が一つあるのですが、それは見てのお楽しみ、ということで、是非ご覧くださいね。それと、GWTVは今後、古いものを非公開にしていく可能性が高いということをお伝えしておきますね。急に非公開にするので注意して下さい。それでは今日も、タイガーのスイングヒストリーをお楽しみください・・・

上の図には、48度のグラビティプレーンを記入しました。すると、ひったりとオンプレーンであることがわかりますね。昨今の45インチ程度のクラブなら48度がベストアングルなので、とても理に適っています。

16歳の頃のスイングを見ると、50.8度くらいなので、この頃はドライバーの長さが44インチ弱だった可能性が高く、だからこれくらいの角度になっています。

ドライバーの場合は、インパクトライ角がクラブのライ角よりもフラットになります。アイアンでは、スコアライン(フェースの溝)が水平になった角度、つまりライ角通りでインパクトするのが理想なのですが、ドライバーはそうではなくトウ側が高い角度でインパクトして良いのです。だから、本来は正しいスイングをすれが必ずドローになるはずなのです。ドローといってもほとんどストレートに近いドローと考えていいでしょう。それが理想なわけです。しかし、それでは左右のどちらにブレるかわからないので、少しフェードで安定させるのがもっとも安全、ということになるわけですね。

本日も水曜なのにご覧下さりありがとうございます。お手数ですがクリックのご協力をお願いしております。今日もよろしくお願い致します。

人気blogランキングコチラをクリッククリックニャンニャンニャン 

毎度ありがとうございます。大変感謝しております。

提供 ゴルフラーニングスクエア グロス

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑そろそろあなたも仮想通貨?取引所開設ならまずはビットフライヤーでしょう。

| コラム | 09:56 | - | - |
<< | 2/22PAGES | >>